■永平寺ゴマ豆腐■

お寺で出される精進料理がその地域の郷土料理や名物料理となっている例は多いのですが、福井の永平寺にも「ゴマ豆腐」という全国に知られるほど有名なものがあり、地元だけでなく観光客にも人気です。

修行僧のタンパク源として、古くから食べられてきた豆腐。 「畑のお肉」とも呼ばれるほどで、精進料理の代表格ですが、大豆から作る豆腐ではなく、長寿の元とも言われるゴマから作られるゴマ豆腐は、大変栄養価が高く、精進料理の王様のような存在です。

ゴマを丁ねいに炒った後、じっくりとすりつぶしていき、ミネラル豊富な白山の水と最上級の葛を加えて練りあげることで、豊かな香りが生まれ、なめらかな口当たりともっちりした味わいになります。

永平寺のゴマ豆腐は、寺の厳しい修行の中で改良されつつ受けつがれてきた豊かな味わいの一品です。
食べ方としては、冷やしたゴマ豆腐に特製のみそダレをつけて食べるのが永平寺流です。
周辺のお店でも店独自のレシピでゴマ豆腐は製造販売されていますが、おかずとしてだけでなく、お酒のつまみとしてもオススメと書かれています。 黒蜜で味わう抹茶入りのゴマ豆腐というデザート感覚の商品も登場していて、若い人や今までゴミ豆腐に関心がなかった層にもアピールしています。

 

三国バーガー

敦賀ラーメン

羽二重餅

へしこ

永平寺ゴマ豆腐

浜焼きサバ

三国のらっきょう

越前ガニ

若狭ガレイ