■越前ガニ■

北陸といえば、やはりカニですね。
特に福井県の冬の味覚として、真っ先に思い浮かぶのは「越前ガニ」ではないでしょうか?

越前がには、福井県の越前、三国、敦賀、小浜各地方で水揚げされるオスのズワイガニにつけられるブランド名です。 メスのズワイガニは「セイコガニ」と、また別のブランド名がつけられています。 身がギッシリと足の先まで詰まった越前ガニは、冬の北陸を代表する食べ物ですが、毎年11月の漁解禁を待って、多くの観光客が福井県にやってきます。 市場でカニのセリを見て楽しみ、市場周辺の食堂でカニを味わうのもよし、泊まって宿でゆっくりとカニ料理をつつくも良しですね。

ズワイガニは、山陰地方では松葉ガニと名称が変わります。
越前のズワイガニ漁は歴史が古く、福井を中心とした北陸地方の食文化に大きな影響を与えてきました。 福井でとれるカニはどうしておいしいのかと言うと、福井の沖合いは寒流と暖流がぶつかる急深の海であり、そうした厳しい環境で育つことでカニの身が引き締まり、濃厚な旨みを持った肉が育つのだとされています。
味わいが濃い肉質のために、鍋にしても出汁がたっぷりと取れ、どんなツユであっても相性抜群です。 ぎっしり詰まった白身は、上品な甘みで、焼いてもよし、刺身でも良しなのです。 鍋にしたらシメの雑炊は絶対に最後の一滴まで食したいところです。

 

三国バーガー

敦賀ラーメン

羽二重餅

へしこ

永平寺ゴマ豆腐

浜焼きサバ

三国のらっきょう

越前ガニ

若狭ガレイ