岐阜ご当地グルメNAVI

B級グルメの宝庫、おちょぼ稲荷

岐阜県海津市は、2005年に海津郡の海津町・南濃町・平田町の3町が合併してできた、まだ新しい歴史の市です。 日本三大稲荷のひとつであり、「商売繁盛のお稲荷さん」として知られる「千代保稲荷神社」があるところとして有名です。 通称「おちょぼさん」と呼ばれ、毎月末は「夜市」でにぎわいをみせ、まるで毎年お正月が来たような人出でごったがえしています。 お祭りは、全国各地でありますし、そのたびに多くの出店がならび、大勢の人でにぎわうのはよく見られる光景ですが、ここのように、毎月毎月大勢の人がやってくるようなイベントは、全国でもそうそうお目にかかれるものではありません。 ここの門前町では、夜市のときには参道の両脇に100軒を超えるお店が並び、縁起物を扱う店を中心に、あらゆる種類の商品が売られます。 特に、草餅や川魚料理などの地元のおいしいもの、串カツや土手煮、さらには漬物など、ここならではの味を楽しめます。 しかし、そこに集まる人たちは、夜市をまるでB級グルメフェスティバルみたいに楽しんでいきます。 中でも有名なのが、数軒ある串カツの専門店で、店の前には行列や人だまりができ、夜市のたびにそこに通うという人もいるほどです。 串カツは、みそ味とソース味の2種類。 1本80円程度なので、みんな気軽に寄っていけるのです。