岐阜ご当地グルメNAVI

高山ラーメン

ラーメンはボクの好きな食べ物のひとつですが、高山ラーメンは、年に二回は食べる好きなラーメンのひとつです。

一度は高山まつりに出かけていって家族と食べるもの、もう一度は、誰かからのお土産でいただくのです。 本当はもっと食べたいというのが本音です。 高山というと山の中の集落みたいに思われますが、高山ラーメン以外にも、いろいろと料理に対する想いの強さが感じられる「食に貪欲な街」だとボクは思います。
中華そばも戦前からあったようで、「高山ラーメン」の元祖は、昭和初期に屋台で開業した『まさごそば』だと伝えられています。
高山で「そば」と言えば中華そばのことになります。 当然、そば粉をつかう蕎麦を食べたければ、「日本そば」とわざわざ言わなければならないのです。

高山ラーメンの中身は、鶏ガラやカツオ節・野菜などからとった和風の出汁と濃いしょう油味のスープが基本。 そこに細めのちぢれ麺が入るのです。

高山ラーメンの特長は、そこにのっかるトッピングの具材などではなく、そのスープの作り方にあると言っても良いでしょう。
ふつうは、しょう油ダレとスープは分けて作られますが、高山ラーメンの場合は、ひとつのなべで煮込んで作られます。 当然、時間が経てば経つほど煮詰まっていき、しょっぱくなってしまいますから、開店直後とその後では少し濃さが違います。 それもまた高山ラーメンの楽しみ方だと、現地の人に聞きました。