岐阜ご当地グルメNAVI

下呂温泉のトマト丼

日本三大なんとかというのはどんなジャンルにもありますが、その中で「温泉」の部門でかならず三本指に入るのが「下呂温泉」だそうです。
岐阜県の高山よりも南に位置する下呂温泉は、たくさんの温泉旅館がたち並ぶ日本でも指折りの温泉地であり観光地です。
温泉の質もいいようですが、まわりの自然も、そこでとれる山の幸と川の幸もあって、多くの観光客をリピートし続けているのだと思います。

そんな下呂温泉のご当地グルメと言えば、これしかないでしょう! ご当地どんぶりとして知られている「トマト丼」は、絶対にほかでは見ることができないものです。
使われるのはご当地名産の飛騨牛!
そして、下呂市の名産品「フルーツトマト」です。

まずは、甘辛いタレで仕立てた飛騨牛丼を作りもその上に下呂名産フルーツトマトがトッピングされるのです。
「え?それだけなの?」なんて言うのは、食べてみてからにしてください。
下呂のフルーツトマトは、よそのトマトとはひと味もふた味も違いますよ!

独特の酸味が牛丼の甘辛いソースを引きたてるのです。
それだけでなく、トマトの風味と食感で後味すっきり、とてもさわやかなのです。
牛丼って、店によってはけっこう脂ぎっているでしょう?
女性やお年寄りは、どうしても脂っこいものを嫌いますからね。でも、これは食べていても、後味も、そんな感覚がないくらいにサッパリしているのです。
「牛丼」というものも、その名前だけで敬遠されているところもありますしね。
そんな牛丼嫌いな人たちにも、ぜひ一度は試してほしい料理なのです。