岐阜ご当地グルメNAVI

飛騨紅かぶ

ボクは知らないのですが、うちの家族と赤カブの話をすると、きまって「赤カブ検事」の話になります。
テレビドラマでシリーズ化されていたようです。
赤カブ漬けが大好きな検事さんの話らしいのですが。

その赤カブの産地が、岐阜県高山市です。
その一帯を中心に栽培されているのが「飛騨紅かぶ」と呼ばれる種類です。
現在は高山市になっていますが、かつて丹生川村と呼ばれた地域は、古くは八賀郷と呼ばれていて、「八賀かぶ」と呼ばれる赤紫色の丸かぶを作っていました。
それが1918年、八賀かぶからの突然変異として紅色のかぶが発見されたのが、飛騨紅かぶの始まりです。
その紅色のかぶの中から、特に形が丸くて色あざやかなものだけを選び、「飛騨紅かぶ」は誕生しました。

表皮は鮮紅色、球の形は扁平で、皮をむけば乳白色。
もち質とも呼ばれる独特な肉質が飛騨紅かぶのもっとも変わったところです。

収穫の時期は10月上旬から12月上旬です。
漬物はもちろん、酢のものでもおいしい、まさにこの土地でないとできないものです。
飛騨の秋独特の気候がこの飛騨紅かぶをつくっているのです。
もちろん、ボクの家でも冬場にはこの飛騨紅かぶの漬物が登場します。
シャキシャキ、こりこり、でもふんわかしていて、他のかぶ漬けではこんな味わいはないと思います。