名古屋ご当地グルメ.net HOMEへ戻る

函館ご当地グルメNAVI

函館ラーメン

「函館ラーメン」と聞いても、あまりピンと来ないという、ボクみたいな人も多いのではないでしょうか?
実は函館ラーメンの正体は、地元では「支那そば」と呼ばれ、一般に中華そばとよばれるようなシンプルで、昔ながらのラーメンスタイルなのです。 ただ、東京スタイルの中華そばではなく、魚介系のスープではなく、むしろ獣系のスープを特長としています。

トッピングは、チャーシュー、長ネギ、メンマ、ほうれん草など、まったくシンプルです。 しょう油系ではなく、あっさりとした塩味こそが函館ラーメンだと主張する流派もあるようで、めんも中太派と細めん派にわかれているようです。
しかし、それらすべてをひっくるめて「函館ラーメン」と呼んでいいようです。

「函館ラーメン」は、「札幌ラーメン」「旭川ラーメン」とともに北海道3大ラーメンに数えます。 そして、「釧路ラーメン」もふくめて、北海道でつくられている各種ラーメンは、「北海道遺産」に認定されています。

函館ラーメンの歴史は古くて、江戸時代に華僑から伝わったという説が有力なようです。 最初は典型的な支那そばだったものが、港町である函館ならではの海鮮系に変化していって、現在のようなスタイルになったのだと言われています。