名古屋ご当地グルメ.net HOMEへ戻る

函館ご当地グルメNAVI

松前漬

「松前漬け」は、その名のとおり、北海道の函館近郊にある松前郡松前町周辺が発祥と言われている北海道の郷土料理です。
現在よく出回っているのは、スルメと昆布を使ったものですが、元々は数の子と昆布の組み合わせだったようですね。

豊漁で余りぎみだった数の子の処分のため、仕方なく使っていたみたいですが、数の子、スルメ、昆布、これらを塩漬けにしたものは、組み合わせ的にも最高だと思います。 さすがに、いまでは数の子も高級品あつかいのため、スルメと昆布の組み合わせが標準で、数の子が入るのは正月などのめでたい時のみのようです。

時代とともに味付けも変化しているようで、単に塩漬けとしていた頃から比べると、醤油ベースとなっている現在の松前漬の方がまろやかで食べやすい味付けになっているようです。

それから、松前漬けと言っても、地域によってかなり味付けもちがえば、使う具材もちがうのだそうです。 スルメと昆布は基本になっていますが、他の材料として、にんじんやショウガ、唐辛子などを加えるところもあり、地域の味、家庭の味となっているようです。
ただ、本場の松前漬を語る上では、それらの材料は使わず、数の子、スルメ、昆布の三点となるようです。