名古屋ご当地グルメ.net HOMEへ戻る

函館ご当地グルメNAVI

イカシューマイ

横浜には崎陽軒のシューマイ。
同じ港町だからなのでしょうか? 函館には、名産のイカを使ったイカシューマイがあります。

イカを丸ごとごうかいに使い、すり身にしたものとシュウマイのタネを練りあわせて、団子状にしてからシュウマイの皮を細切りにしたものをからめるようにかぶせて、それを蒸しあげます。
「イカシュウマイ」のおいしさと人気のひみつは、細切りにした皮にあるのだとボクは思います。
細く切った皮がフワフワとした食感を生みだし、それだけでなく、しょうゆなどのつけダレがよくなじみます。
もちろん、イカそのもののおいしさも捨てがたい。 イカを丸ごとすり潰してタネを作るので、イカの旨みのすべてをこのシューマイで味わうことができ、コクがある函館のイカの良さも丸ごと、しかも軟骨のコリコリ感までも楽しめるのです。

ごはんのおかずには最適ですし、オトナにはお酒のツマミとして喜んでもらえるはずです。
イカシューマイは、そのまま食べてもおいしいのですが、チルドや冷凍ものも出回っているので、揚げューマイや焼きシューマイにしてもいいですね。
また、つけるタレによっても味わいが変わりますから、ボクは最近沖縄のラー油をかけたりして楽しんでいます。
北のイカシューマイが、南の島のラー油と合体するなんて、なんだか楽しいことです。