広島ご当地グルメ

広島といえば、まっさきに思いうかぶのが「お好み焼き」ですね。
でも、大阪のお好み焼きとは違って、キャベツをふんだんに使った「広島風お好み焼き」で、大阪のものと全然違うのです。

僕はどちらのお好み焼きも好きだし、どちらもそれぞれにおいしくて、食べ始めたら止まりません。 でも、広島にはそれ以外にも、あなごめしや、かき料理など、おいしいものがいっぱいあります。
それは、瀬戸内海に面しているからです。

海産物だけでなく、野菜の産地としても広島は有名ですよ。
特産品としては、11月〜12月にとれる「くわい」が有名です。 くわいは、水田で栽培されるもので、縁起物として使われるので、年末に出荷されます。

ほかにも、千浜にんじんという変わった品種の野菜が有名です。 ベータカロテンが豊富で、甘いのが特長の野菜で、ジュースやスティックにしたら、もう最高なんです。
キャベツの生産も盛んで、これがなければ、広島風お好み焼きは作れません。 広島は日本でただひとつのプロ野球の市民球団である広島カープを持っています。 日本で一番綺麗なスタジアムとして知られるマツダzomzomスタジアムでも、本場のお好み焼きや焼きそばが食べられるそうです。
もちろん、「お好み焼き村」も一度行ってみたいけど、そんなに綺麗な野球場なら、一度は観戦してみたいですね。

区切り線