広島ご当地グルメ

あなごめし

あなごは、かば焼きになった状態でみると、とてもよく似ているので、うなぎとあなごは似たような生き物なのだろうとボクはかってに思っていました。
初めてあなごの顔を見たときは、「うなぎと全然違う」と思いました。 だってすごくこわい顔なんです。

でも、広島のあなごめしは、そんなことも忘れさせてくれるほどおいしいです。
ボクがとても好きなので、時々、デパートの駅弁フェアで買ってきてもらいます。
本当は広島は宮島口の有名店「うえの」で、あつあつの作りたてあなごめしを食べてみたいけれど、さすがに遠くて行けません。

あなごめしは、元々漁師が食べていた料理らしいですね。 「うえの」さんは、他の料理は一切出さず、あなごめし一本で勝負しているそうですが、そのこだわりはすごくて、決まった漁師からしか買いつけないそうで、しかもあみにかかったものではなく、一本釣りで釣り上げたものだけを買っているのだそうです。

広島のあなごめしは、ほとんどがうな重みたいな作り方をされています。 かば焼きとして何度もタレをつけて焼かれたあなごは、3センチくらいに切って白いごはんの上にまんべんなく並べられます。
さらにタレを少々かけてできあがり。 中には、ごはんにまぜこむ形のあなごめしというのもあるようです。
広島に行ったら、ぜったいに一度は食べたい地元グルメ食です。

地域別検索

鳥取県 島根県
岡山県 広島県
山口県 徳島県
香川県 愛媛県
高知県 その他

区切り線

ホームページ無料登録
無料登録を受付中です。
無料登録お申し込みフォームはこちらをどうぞ>>>無料登録について

相互リンク
当サイトでは、相互リンクを随時募集しております。相互リンク、リンクの張り方に
ついてはこちらをどうぞ。 >>>相互リンクについて

相互リンク集
01>>02>>03>>04>>05>>06>>