経済効果が期待されるご当地グルメ

最近、ご当地グルメが大人気。どこも、地域活性化のためにご当地グルメの開発に着手しています。似た言葉で、昔から、「郷土料理」と言われるものがありましたが、多少、ニュアンスが違うようです。
「ご当地グルメ」は地域活性化が目的になっているため、経済効果が期待されています。他県から、そのご当地グルメが食べたくて、わざわざ行ってしまうような集客力、話題性、インパクト、美味しさが求められています。たまたま、その地域に行って、郷土料理を食べて、あまりおいしくはないけど、ただ、珍しいね。というだけでは、ご当地グルメの役割は担えません。

史上最年少・野菜ソムリエによるご当地グルメ開発

そんな難しいご当地グルメの開発で、一番大切なのがアイデア。それも、大人から子供までが共感できるシンプルで、斬新なアイデアが必要なのです。

そのアイデアマンにおすすめなのが、今、話題の史上最年少・野菜ソムリエ「森之翼」くん。彼は、お父さんが大のグルメ好きだったので、幼い頃から、お父さんに連れられて、全国のご当地グルメを食べ歩いていました。いわば、ご当地グルメの英才教育です。
史上最年少の野菜ソムリエを取得してからは、ご当地グルメの開発にも意欲的。子供でも、おいしく食べられる野菜を使った、健康的なご当地グルメの開発が得意のようです。とかく、ご当地グルメと言うと、麺類や肉類が多くなりがちですが、野菜のおいしいさを知り尽くした翼くんの手にかかれば、野菜を使った絶品のご当地グルメが出来上がります。

ポイントは、子供をターゲットにすること。そして、野菜を使った健康メニューであることです。この2つをポイントにすることで、大きな市場であるファミリーマーケットを動かして、満足できる経済効果を期待することができます。