金沢ご当地グルメNAVI

8番らーめん

「8」の字が描かれたかまぼこがのっているのが特長の「8番らーめん」は、北陸のご当地ラーメンとして郷土にガッチリと根付いています。 石川県に51店舗、富山県に33店舗、福井県に29店舗と北陸で知らない人などあり得ないほど人気のラーメン店なのです。

開業は昭和42年。 石川県加賀市の国道8号線でスタートしたことから、「8番らーめん」の名称になりました。 当時の看板メニューは「野菜らーめん」でした。
8番らーめん独自のコシがある「太麺」。 キャベツにもやし、タマネギ、人参などがたっぷり入って、大評判だったそうです。
北陸のらーめん王者・8番らーめんの定番ラーメンと言ってもいいでしょう。

「野菜塩らーめん」は、久米島の海洋深層水から作られた塩を使ったメニューで、一番人気と言われています。
ボクが住む愛知県には「スガキヤ」という大ラーメンチェーンがありますが、似たような感じを受けますね。 ボクは当然スガキヤのラーメンが大好きですし、親とも話しますが「からだにはスガキヤ遺伝子が流れている」とまで言われるのが愛知県民です。
きっと、北陸の人たちも、「8番らーめん遺伝子」が体内をかけめぐっているのではないかなと思います。
地元の味、ふるさとを感じる味、そんなものがあることってとたも大切なことじゃないでしょうか?