かつおめし

全国各地で「B級グルメ」のコンテストが行われていますね。
ボクも好きで、研究のためといっては、連れていってもらっています。
もちろん、近くの会場だけですけれど。

宮崎で最近注目されているB級グルメといえば「かつおめし」ですね。
かつおめしは、漁師の人たちが忙しい作業の合間にかきこんだといわれる、いわゆる”まかないめし”のひとつです。

釣ったばかりのかつおを船の上でさばき、調理をしたあと、残った刺身をしょう油につけておいて、炊いたご飯といっしょにごうかいにかきこむという食べ方です。
ようするに、「ヅケ丼」みたいな食べ物だと思ってもらえればいいと思います。

そのままごはんにのせて食べることもあれば、お茶漬けにして流し込む場合もあるようです。
しょう油は、県南産の甘いものを使い、これに半ずりにした白ゴマを加えるのが特長です。
お茶漬けの薬味は、ワサビとネギ、きざみのりなどです。
甘いしょう油の風味が鼻と口にふわっと広がり、ゴマの香りとネギの成分がかつおの臭みを消してくれるのです。

地元では「くまの」とも呼ばれるそうです。 でも、これなら地元に行かなくても、自分である程度似たような料理はできそうですよね? そりゃ、もちろん、現地に行って、その場所で本物のかつおめしを食べる方がぜったいおいしいに決まっていますけれど。