チキン南蛮

これもB級グルメということになるのでしょうか?
でも、発祥と言われている洋食店「ロンドン」が昭和30年代からすでにメニューとして出されていて、今でも人気が続いている宮崎を代表する料理ですから、すでに郷土料理というポジションですね。
ちなみに、ボクは、このチキン南蛮が大好きです。

ひと口大の鶏肉に衣をつけて揚げ、あつあつの状態で、甘酢ダレにからめた後、タルタルソースをかけて食べる料理ですよね。
一時期、宮崎名物ということで全国的に流行して、コンビニやほかほか弁当などのメニューにもなっていたので、食べたことがある人も多いのではないでしょうか?

ロンドンが出した頃は、甘酢をかけるだけだったのですが、現在のところ、タルタルソースをかける形が主流となっています。これを考案されたのが、食事処「おぐら」の甲斐義光さんと言われています。
そのため、今では「おぐら」こそが発祥の店だと言われるようになってしまっているのです。

ところで、この「南蛮」というのはどういう意味なのでしょうか? 気になったので、ボクも調べてみました。
いろいろ書かれたものを呼んでみたのですが、どうやら魚の南蛮漬けが原型になっているから、という意見が多いみたいですね。
現在では発祥の地として、宮崎県延岡市では、町ぐるみでチキン南蛮を全国に広めようと頑張っています。