奈良ご当地グルメNAVI

奈良のうまいもの・大和鍋

「大和鍋」は、昔からある郷土料理ではなく、奈良県が平城遷都1300年に向け「奈良のうまいもの」として創作した、新しい料理のひとつです。

鶏と豆乳仕立ての白く濁ったスープに、揚げた大和イモが入るのが特徴です。 素麺・白菜・ニンジンなども入って、ボリュームも満点です。
旨みの成分は、主にすりおろしてから揚げた大和イモから出ていて、独特の甘み香りが食欲をそそりますね。 これに似たものとして「飛鳥鍋」がありますが、これは大和肉鶏・ぼんじり・白菜・水菜・シメジ・エノキ・豆腐・ゴマが入るもので、スープに牛乳が使われているのが特徴です。

大和イモが大和鍋に使われたのは、土地の代表的な野菜だからです。 この地域では「ヤマノイモ」と呼ばれて、他の品種では見られないほどの粘りと旨みが特長です。
その血統を受け継ぐ大和イモは、キメが細かく、やはり粘り強いのが特徴です。 生産地が奈良に多いことから大和イモと呼ばれているようです。 特に奈良県の御所市は、江戸時代から大和イモの栽培が行われていて、その時代から産地として知られています。

ボクもサトイモ系は大好きです。 ホクホクとして独特の粘りがあって、歯ごたえ、舌ざわり、味わいも楽しめますからね。