奈良ご当地グルメNAVI

奈良土産の代表・奈良漬け

今でも奈良のみやげといったら、奈良漬けと言われるほどに、奈良漬は奈良県の代名詞のようになってしまっています。

奈良漬けは、奈良が発祥と言われている、粕漬けという種類の漬物です。

材料となるのは、白うり・きゅうり・すいか・しょうがなどですが、それらを塩漬けにした後で、何度も酒粕に漬けかえて作ります。
長期間発酵させてできることから、あの濃厚な風味がうまれてくるのです。

江戸時代に幕府への献上品となっていたため、高級な漬物として知られていますが、東大寺を参拝に訪れる人々や商人によって普及し、広く庶民の間にも食べられるようになったようです。

酒粕の風味が苦手な人は、香りを嗅いだだけで「ダメ」となってしまうようですが、現在知られているところでは、抗酸化作用やビタミン類の吸収を助ける働きがあることから、美容と健康には欠かせない食べ物ともいえます。

実際に、ボクの友達の中には、「奈良漬なんてウゲゲだね」という子も大勢います。
ボクだって、最初は食べるのが苦手だったけど、良いものをいただいてから、食べられるようになった気がします。
定番となっているうなぎの蒲焼との組み合わせは、科学的に証明されているもので、脂っこい後味をさっぱりさせ、口中やお腹の中をスッキリとさせる効果があるのです。