奈良ご当地グルメNAVI

関東でも知られる奈良茶飯

奈良茶飯は、米と炒った大豆を茶で炊いたものとされています。

今でも奈良の郷土料理として残っていますが、その起源は、東大寺と興福寺の寺領から納められる上茶を煎じて、二番茶に塩を加えて米を炊き、一番茶に浸けて食べたものであると伝えられています。

東大寺二月堂の修二会(お水取り)の練行衆の食事に茶がゆとともに献立の中に記録が残されていることから、僧坊では古くから食べられていたようです。

それが、江戸時代には庶民の間にも広まって、各地にそれを出す茶飯屋があったとされます。

また、俳句の句会などでも昔から好んで食されてきた経緯があるようです。

手法は様々で、炒った大豆の他に黒豆、カチグリなどを加えたものもあります。

遠く江戸や川崎にも伝えられ、万年屋などで出されるようになったことから川崎名物としても定着してしまったようです。

さらに十返舎一九の書いた『東海道中膝栗毛』に万年屋および奈良茶飯が登場したことから、余計に有名となっていき、万年屋は江戸時代後期には大名が昼食に立ち寄るほどの人気店となっていたようです。

よくよく見てみると、日本各地には番茶などで煮出した茶汁で炊いた茶飯や茶粥が伝えられていることから、お茶には飲用とは別に食用など別の用途が常に考えられていたということになるようです。