大分ご当地グルメNAVI

別府湾の殿様魚・城下カレイ

どんこカレーの話を書いた後で、今度は別のカレー、いや、魚のカレイの話です。

大分県は山の幸と海の幸、両方に恵まれた豊かな土地です。
大分の沿岸となる別府湾ではいろいろな魚が取れますが、「城下かれい」は絶対に外せない美味の魚です。

城下カレイとは、大分県の日出町にあった日出城址から臨む城下付近の海域でとれる「マコガレイ」のことを言います。 地元民がこよなく愛する城下カレイの旬は初夏です。

別府湾に湧いている真水と、ミネラル豊富な海水によって育まれたマコガレイは、形が丸々として頭が小さくて、身がしまった淡白な味わいが特長です。 水が良いのでくさみもないため、刺身にして食べることもできます。
刺身では、純白で美しい光沢と、コリコリとした歯触りが楽しめます。 もちろん、焼いたり、煮魚にしたりしてもおいしいですし、揚げものにしてもおいしく食べることができます。

地元では一夜干しにして、さらにうまみが増したものを食べるのもこのまれています。 とりわけ江戸時代には希少な魚であり、その美味しさから地位の高い者に珍重され、庶民が食べることは許されなかったほどという記録が残っています。 そのこともあって、「殿様魚」などと呼ばれ、将軍家への献上魚でもありました。