大分ご当地グルメNAVI

くろめ

「くろめ」とは海藻の一種です。
学術的には「コンブ目・コンブ科」に分類されるので、明らかにコンブの仲間です。

大分県大字関(旧・佐賀関町)の関崎・高島のあたりには、瀬戸内海の水と太平洋の水が接して潮流が速く水質がきれいな箇所があります。
そこで育つ特産の海藻が「くろめ」です。
新芽の伸びる冬にとるものが旬で、やわらかくて渋味がない、美味しい部位が食通に愛されます。

1月〜3月の収穫期には、箱眼鏡と長い根のついた鎌を使って収穫が行われます。
テレビでその収穫方法を見ていましたが、採るとすぐに1本1本棒状に巻かれていくのが小気味良いものでした。
巻き取られた「くろめ巻き」を生のまま細かく刻むと、粘りと風味が出て美味しくなります。

ただお椀に入れて熱い汁を注ぐだけで、強い磯の香りが鼻をくすぐる絶品の吸い物になります。
しょう油やごまなどで味つけをして熱いご飯にかけてもハシが進みますし、もずくみたいに酢しょう油で食べてもおいしいですね。

強力な粘りを持つくろめの特長を活かした「くろめしょう油」という商品も出ています。
ちょっととろみがついたしょう油で、旨味が強いのが特長です。
粘りの成分であるフコイダンなどは、長寿の元とも言われるもので、毎日摂取することで健康な体を作ります。 似ているものにカジメやアラメがありますが、カジメは葉の部分にシワがなく、より大きく育つ事で見わけがつき、アラメは葉の上の部分で二又に分かれることで見わけがつくのだと説明されましたが、ボクにはどれも同じに見えました。