大分ご当地グルメNAVI

臼杵の郷土料理・きらすまめし

きらすまめしは、臼杵市の郷土料理のひとつですが、最初この名前を聞いたときは、どこで区切ればいいのかがわかりませんでした。
語源を聞いてようやく理解できましたが、「きらす」というのは「おから」のことで、「まめし」は「まぶす」という意味なのでした。
「きらすまめし」は、つまり「おからをまぶした料理」ということなのです。
何をまぶすのか?

大分の近海でとれる、サバやアジなど旬の魚で、刺し身などに調理した後の切れ端や、中落ちの部分を使うのが一般的だそうです。
おからや切れ端は捨てられてしまうことも多いのですが、天保の改革での倹約令の名残として、「質素倹約」を信条とする臼杵市民のここ生きが溢れた郷土料理と言えるのではないでしょうか。

しょうがやしょうゆをかけ、それに特産のかぼすを加えるだけで、見た目に鮮やか、香りも良い立派な料理へと変ぼうをとげるのです。
一歩間違えば、ただの賄いめしのような見られ方をしてしまいますが、こうして無駄を出さない料理を考えることの大切さをもっともっと多くの人に知ってもらいたいと思いますし、ひとりでも多くの人が「倹約」ということ、「ものを大切にする」ということを考えることで、日本が、世界が、そして地球が変わっていけるのではないかなと、ちょっと生意気なことを思いました。