ホルモン焼き

肉の内臓を焼く料理で、捨てるような肉という意味から「放るもん」と呼ばれるようになったという説があります。

テッチャン、ミノ、アカセン、ハチノス、もつ、コブクロ、センマイ、ギアラなど、いろんな部位によって様々な味と食感があり、捨てるにはもったいない食材であることは確かです。
最近はエコブームにより、ホルモン焼きが見直されています。
また、栄養的にはビタミンA、B、鉄分、亜鉛を含んでいて、そして、美容に最適なコラーゲンたっぷりということもあり、若い女性(特に肉食女子)に人気のメニューになっています。

大阪以外では「とんちゃん」と呼ばれている地域もあり兵庫県や岡山県ではご当地グルメとして、「ホルモン焼うどん」にアレンジしていて人気を呼んでいます。