安くてうまいが当たり前の大阪名物!

たこ焼き
たこ焼き 大阪発祥の粉もんといえば「たこ焼き」。たこ焼きを始めたのは、会津屋だそうです。
会津屋のたこ焼きは粉に「だし醤油」味が入っていますが、たこ焼きを売る店が多くなってくると、いろんな味のタイプが現われて、ソース味やマヨネーズ味、最近はチーズ味やホワイトソース味、ピリ辛味も増えてきました。

串カツ
串カツ 大阪の串カツと言えば、新世界。甘いウスターソースにつけて食べるのですが、ソースはステンレスのパットに入っていて「二度付け禁止」が表示されています。もし、ソースをもう1回付けたいときは、キャベツですくって、串カツにかければ、いいんですね。衣はサクッっとして、しかも、もっちり感があり、病みつきになるおいしさ。
新世界は串カツの店が何件もあり、お酒好きのお父さんたちにはたまらない場所だと思います。

けつねうどん
けつねうどん 大阪のうどんと言えば、けつねうどん。大阪の人は「きつねうどん」のことを「けつねうどん」と言います。うどんはもちっと柔らかく、昆布だしの効いた澄んだお汁でずずっと。そして、甘めのお揚げがたまらない。うどん、汁、お揚げ、この三つの味の微妙なバランスによって、一流の「けつねうどん」か、二流の「けつねうどん」かが決まります。