jr野菜ソムリエ「森之翼」がおいしい街、大阪の魅力をご紹介

大阪はおいしい食べ物がいっぱいです。
たこ焼き、お好み焼き、串カツ、ふぐ、うどん、焼き肉、ホルモン焼きなど、全国のうまいものがみんな集まって来ているみたいです。それもそのはず。大阪は全国からあらゆる食材が集まる「天下の台所」と言われていました。 そんなおいしい街「大阪」の魅力をjr野菜ソムリエ「森之翼」がご紹介します。

なぜ、「天下の台所」と言われるようになったか?
昔はトラックや電車がなかったから、食材を運ぶのは船だったのです。大阪は水路の整備が進んでいたため、八百八橋」と言われるほど橋と水路の多い町になりました。こうして水の都として発達して、日本全国のいろんなものが集中する経済・商業の中心地として栄えました。

まずは、道頓堀が基本。
大阪グルメが集結する場所が道頓堀。ふぐ、かに、焼肉、お好み焼き、ラーメン。なんでも、うまいものが集まってる感じです。豚まんやたこ焼きとか、テイクアウトできるものもいっぱいあるから、食べ歩きが楽しみです。でっかい看板もいくつもあって、グリコの看板やづぼらや、かに道楽、大だこ、金龍ラーメンの龍とか、街全体がハデハデですね。

栄養価を考えた子供向けの野菜レシピなら「森之翼」