めずらしい?ぎょうざカレー

これはボクもさすがに知りませんでした。 ボクの住む地域には、CoCo壱番というカレー専門店が数多くあって、さまざまなトッピングが用意されていますが、ぎょうざをトッピングするという発想はあまりないですね。

ことの始まりは、昭和42年に開店した餃子の専門店「みよしの」さんらしいのですが、そこで昭和52年に開発された「ぎょうざカレー」こそが、現在サッポロ名物となっているもののルーツなのでした。
新鮮な野菜をふんだんに使い、たっぷりの肉などの材料に秘伝のスパイスを混ぜ合わせて作った具を、特製の皮で包んで焼き上げたのがみよし自慢のぎょうざです。 それを、辛めのルーが評判のカレーライスにトッピングしたところ、またたく間に大ヒットとなった、ということらしいのです。 ボクはまだ食べたことがないですけど、その当時(ボクなんかまだ生まれていないわけですけど…)で考えればかなり斬新だったのではないかと思います。 組み合わせとして意外だったでしょうし、餃子もカレーもどちらもおいしければ、ヒットメニューとしてお店の名物料理になったのもうなづけますね。
みよしのさんは、札幌市内だけでなく、恵庭市、苫小牧市、旭川市などにもお店があり、どこでもこのぎょうざカレーが食べられるそうです。